このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 葉酸サプリに欠かせない栄養素とは?サプリ以外の妊活方法

葉酸サプリに欠かせない栄養素とは?サプリ以外の妊活方法

272view

2018.01.24

妊活サプリに欠かせない栄養素とは

葉酸

葉酸は妊活中も妊娠中も厚生労働省が摂取することを推奨している栄養素です。ですが葉酸は食品から必要量を摂取するのは難しく、現代社会においては妊活サプリとして葉酸をメイン有効成分としたサプリメントが一般的になっています。妊活中も葉酸は正常な卵子、精子を作る為に必要な成分と言うことができます。

きちんと遺伝の書き換えができていない異常卵子、精子は不妊、流産、異常児出産といったリスクが高まります。さらに妊娠初期に最も必要な栄養素で葉酸を摂取することで胎児が障害を持つリスクを減らすことができます。摂取目安は妊活中と、妊娠中、授乳中に1日400μgとなっています。

鉄分

鉄分は血液中のヘモグロビンの生成に関与している成分で、母胎から胎児に鉄分が流れていく為にしっかりと補給しておかないと母親は鉄分不足で貧血に陥ってしまいます。実際に妊娠後期の女性の8割は貧血の症状が出ています。妊娠中はつわりや味覚の変化により思うように食事が摂れない人が多いので、鉄分が含むサプリを選ぶことが重要です。

カルシウム

カルシウムは胎児の骨を生成する為に必要な栄養素で、不足すると母胎の骨からカルシウムはどんどん溶け出してしまいます。その結果出産後に母親の骨や歯はスカスカになってしまうケースが多いと言えます。カルシウムは小魚や牛乳に多く含まれていますが、毎日必要量を摂取することは難しいのでカルシウムを含むサプリをお勧めします。ちなみにカルシウムの1日摂取目安は最低でも650mgと言えます。

ビタミンC

妊娠中は風邪をひいても胎児のことを考えると薬を飲むことはできません。なので妊活サプリには免疫力を高める効果が期待できるビタミンCが配合されている商品が多いと言えます。それにビタミンCは血管の再生に必要なビタミンと言えますし、鉄分と一緒に摂ることで吸収率をアップしてくれます。

亜鉛

葉酸だけではなく亜鉛も妊活に非常に重要性が高い栄養素ということができます。妊娠中の亜鉛不足は胎児の低身長や低体重といった発達異常のリスクが高まり、未熟児が生まれる確率が高くなるので意識して摂取する必要がある栄養素と言えます。

サプリメント以外の妊活方法とは

基礎体温を測る

妊活をする際に最初にするべきことが基礎体温を測り現状を知ることです。排卵周期を知ることで妊娠しやすいタイミングが分かりますし、さらに基礎体温を毎日つけることで排卵周期によっては妊娠しにくい体質であること、排卵日の確定が難しいから病院に行く必要があるといった事も知ることができます。基礎体温の正しい測り方は毎朝同じ時間に体温を測る、下の裏側中央のすじの根元で測定、起き上がらず寝た状態で測るのがポイントです。

ストレス解消

ストレスは万病の元で不妊の原因にもなります。また妊活をしてなかなか妊娠しないと焦りや不安からストレスを感じることが少なくありません。だから自分なりのストレス発散法を身につけておきましょう。ストレス解消法は人により異なり、運動をする、美味しいモノを食べる、趣味に没頭する、カラオケで大声を出すなどの方法があります。

冷え性改善

冷え性の女性は多く、冷えは健康にも美容にも良くないので女性の大敵です。そして実は妊活においても冷えは大敵と言えます。体が冷えると血液の流れが悪くなってしまい、その結果として子宮の機能が低下するので妊娠しにくい体になってしまいます。実際に不妊治療に通っている人の大半は冷え性であるといったデータがあります。

冷えによって子宮の機能が低下すると、卵子の成長が阻害されたり、排卵障害、着床障害といった症状が起こりやすくなり、不妊の原因となります。また夏にエアコンが効いた室内で長時間過ごしたり、素足でいたり、冷たい飲み物も冷えの原因と言えます。日頃から体を冷やさないように意識して行動をする必要があり、体を温めるドリンクや食べ物を積極的に摂って冷え対策を行って下さい。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る