このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 高齢出産にはこれ!葉酸サプリが効果的な理由について

高齢出産にはこれ!葉酸サプリが効果的な理由について

216view

2018.01.24

葉酸は妊婦に必要な栄養素

妊娠中は葉酸の摂取が重要

妊娠中は食事による栄養補給が非常に大切です。赤ちゃんがしっかりと成長するために様々な栄養を摂取する必要があるからです。けれども多くの栄養素の中でも、特に摂取が難しいとされるのが葉酸です。それは葉酸が水溶性であるために、調理をすることによって食材から失われてしまうからです。

葉酸が必要となる理由として、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減するということが挙げられます。さらに食物アレルギーの発症リスクも低減させる効果が期待されています。また葉酸には赤ちゃんの身体を作るうえで、赤血球を作ったり細胞分裂や成長を促進させる役割もあります。

妊婦にとっても大切な要素

さらに葉酸は、妊婦にとっても大切な役割を持ってします。赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防することによって、流産を予防することにもつながります。あるいは貧血になりがちな妊婦の赤血球も生成するので、貧血予防にもつながります。そして血流を良くすることによって、便秘も解消されるようになります。

葉酸サプリが必要な理由とは

このように妊婦に必要な葉酸ですが、食事からの摂取が非常に難しいことから葉酸サプリでの摂取が効果的とされています。例えば葉酸を多く含む食材として知られるのはほうれん草ですが、1日に必要な摂取量をほうれん草だけで補うのであれば、7束を食べる必要があります。

しかも、このように食べ物から取り入れた葉酸も、体内での吸収率は半分程度とされています。そのために、葉酸サプリを利用して効率良く摂取することがおすすめとされるわけです。

高齢出産で葉酸サプリが必要な理由とは

高齢出産で考えられる3つのリスク

葉酸サプリを利用することで、高齢出産に伴う3つのリスクを低減できるとされています。その3つのリスクとは、流産と赤ちゃんの先天異常、そして妊婦高血圧症候群です。流産の確率が高まる理由として、年齢が上がることで子宮や卵巣などの生殖機能が衰えることが挙げられます。

赤ちゃんの先天異常も生殖機能の低下が原因とされますが、ダウン症や神経管閉鎖障害、無脳症などがあります。そして妊婦高血圧症候群も高齢出産をすることでかかる確率が高まるとされています。つまり高齢での妊活には、これらのリスクに対処することが必要というわけです。

葉酸サプリなら3つのリスクに備えることができる

葉酸サプリを摂取することで、このようなリスクに備えることが可能です。まず葉酸を摂取することで、生殖機能の老化を緩めることが可能とされています。さらに細胞増殖を妨げる老化の原因となる活性酸素の発生も減少させる効果があります。

このような効果によって、流産の可能性を低下させることにつながるわけです。さらに先天異常を低減させる理由として、赤ちゃんの細胞分裂を活発にすることで先天異常のリスクを回避することにつながります。高血圧症候群に関しても、血管の老化などを防ぎ血流を良くすることで回避が可能となります。

ストレス回避にも葉酸サプリが効果的

高齢者の妊活では、いかにストレスを軽減させるかも大事なことと言えます。ストレスを抱えるとホルモンバランスが崩れるので、胎児にも影響を与えることになります。そこで葉酸サプリを摂取することで、そのストレス軽減にもつながると考えられます。これは、葉酸がビタミンB群の一種であり、これが疲労回復の効果を持つとされるからです。

ストレスの多くは疲労を伴うものなので、まずはその疲労を回復させることでリラックスできる状態にするというわけです。さらにストレスによって傷ついた細胞を修復することもできますし、脳の神経細胞を回復させることで精神を安定させることにもつながります。その結果、高齢での妊活も安心して行えるというわけです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る