このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 妊娠前から飲んでおきたい葉酸!妊活における葉酸を摂る3つの意味

妊娠前から飲んでおきたい葉酸!妊活における葉酸を摂る3つの意味

169view

2018.01.24

妊娠には欠かせない成分が葉酸です

妊娠中に必要な栄養素を調べてみるとまず出てくるのが葉酸です。厚生労働省も推奨するほど妊婦には欠かせない成分になっています。

良い妊娠をして元気な赤ちゃんを授かるには健康な卵子が欠かせません。この健康な卵子を排卵する動きを助けてくれるのが葉酸なのです。それだけではない葉酸に含まれる妊活に欠かせない働きを見ていきましょう。

妊娠率を高め、元気に成長させてくれる

妊娠をするには子宮に受精卵が到達しなければなりません。そして子宮内で受精卵を守っていかなくてはならないのですが、葉酸を摂取することにより子宮内の膜を強くする効果、そして子宮内の血流促進効果があります。血流が促進されることにより受精卵は元気に成長してくれます。もし受精卵が元気に成長しないと染色体異常などの病気やリスクが発生する恐れがあるのです。

貧血を防止してくれる

妊娠において血はとても重要なものです。もし妊娠中に貧血を起こしてしまうと胎児にも影響が出てしまうリスクがあります。女性は普段から男性よりも貧血を起こしやすい体質です。貧血の中には葉酸欠乏性貧血と呼ばれる貧血があります。

これはその名の通り葉酸が不足することで起きる貧血です。妊娠中は胎児の成長など普段よりも多くの葉酸を消費します。そのために葉酸欠乏性貧血が発生しやすくなってしまいます。しかし葉酸をしっかりと体外から摂取することで予防することが可能なのです。

精子の染色体異常を軽減する働きもあります

精子というとつまり男性側ですね。実は男性にも葉酸を摂取するメリットがあります。健康な男性であったとしても普段の精子にはわずか数パーセントですが染色体異常の精子が混ざっています。しかし葉酸を摂取することで染色体異常を軽減し、元気な精子の機能を高めてくれる効果があるのです。

1日に必要な葉酸摂取量は?摂取しすぎてしまった場合には

女性は普段から240マイクログラム必要になります。これだけならば食事だけでもなんとか賄える範囲ですが、妊活中の場合はそこにさらに400マイクログラムを足して640マイクログラムの葉酸が必要になってきます。この量を食事だけで賄おうとするのは少々無理があります。

そこで助けてくれるのがサプリメントです。サプリメントならば1日に数粒で必要摂取量に到達できます。葉酸のために毎日同じような食事をしていてはストレスが溜まってしまい出産に悪影響になりかねません。サプリメントを上手に活用していきましょう。

葉酸の1日の許容摂取ラインは1000マイクログラムです。もしこれ以上摂取してしまった場合にどうなるかですが、葉酸は水に溶ける性質なため尿などに混ざり体外に排出されていくために心配はありません。

ただし飲んだ数時間後には吐き気や食欲不振といった症状が出る場合もあります。葉酸の取り過ぎによる胎児への影響はまずありえないので、その点は安心してください。ただし日常的に過剰摂取をすると妊婦の体に負担がかかります。必ずサプリなどの摂取量は守るようにしましょう。

葉酸の効果を高めたいならばビタミンB12と一緒に摂取しましょう

葉酸の効果をより感じたいという場合は摂取量を増やすのではなく他の成分に注目してみましょう。ビタミンB12には血の量を増やす造血効果があります。この働きが葉酸と似ているため、同時に摂取することで相乗的に働きを高め合うという効果があるのです。

ビタミンB12はアサリなどの貝類に多く含まれています。食事で摂る場合にはそれらを食べるようにして、もし葉酸サプリメントを探している場合にはビタミンB12が含まれているかをチェックしてみるという方法もおすすめです。

妊活ではストレスなく過ごすことが重要です。食事に悩むよりは葉酸はサプリメントで摂取しながら元気な状態で出産までいけるように、周囲の人達で助け合いながら頑張っていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る