このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 時期別葉酸の効果効用!男女共に妊活に効果がある成分とは

時期別葉酸の効果効用!男女共に妊活に効果がある成分とは

209view

2018.01.24

時期別 葉酸の効果効用

妊活中の女性に対する葉酸の効果

妊活中に葉酸を摂取することで細胞分裂、増殖効果が期待できるので、その結果としてフカフカで分厚い健康的な子宮内膜の強化を目指すことができます。そしてフカフカで分厚い子宮内膜にすることで受精卵を着床しやすい状態にして、さらに受精卵を保護し定着させることができるので、葉酸を摂取することで着床率と定着率をアップすることができ、妊娠しやすくなると言えます。また葉酸には造血作用があるので子宮内の血流を促進し受精卵の成長をサポートしてくれます。

妊娠中の女性に対する葉酸の効果

最も葉酸の摂取が必要な時期というのが妊娠初期で、葉酸には赤ん坊のダウン症、神経管閉鎖障害といった先天性の障害のリスクを低下させる働きがあると言えます。厚生省が葉酸の摂取を推奨しているのはこの為と言えますし、その他にも妊娠中は交感神経と副交感神経のバランスが乱れやすいので悪阻の症状が起こってしまいます。

葉酸にはビタミンB12と一緒に摂取することでバランスが乱れた自律神経を整える効果が期待できるので、悪阻の症状を軽減することができます。あとは妊娠中に起こりやすい便秘の症状の改善効果もあると言われていますし、妊娠中に葉酸が不足すると赤ん坊に新鮮な血液を送ることができません。そしてその状態が続くと流産のリスクが高まるので葉酸を摂ることで流産のリスクを減らせます。

出産後、授乳中の女性に対する葉酸の効果

出産すればもう葉酸は必要ないという訳ではありません。出産後、授乳中に葉酸が不足するとホルモンバランスが乱れてしまいます。特に出産後は妊娠により一時的に増えていた女性ホルモンが急激に減少するのでホルモンバランスが乱れやすい時期です。

出産後にホルモンバランスが乱れると抜け毛が増えたり、むくみ、産後うつの症状が出てしまいます。これは女性ホルモンのバランスの乱れだけではなく、出産後の環境の変化や赤ん坊の夜泣きなどで眠れないことがストレスとなり悪化しがちです。なので葉酸でホルモンバランスを整え、尚且つストレス発散を心がけて下さい。あと葉酸は母乳を作る血液の元となるので不足すると母乳の出が悪くなったり、質の悪い母乳になってしまいます。

妊活中の男性に対する葉酸の効果

一般的に葉酸は女性が妊活中や妊娠中に摂取した方がいいと言われていますが、実は男性も妊活中は女性と一緒に葉酸を摂取した方がいいと言えます。アメリカのカルフォルニア大学バークレー校のBrenda教授の調査では、葉酸を摂取している男性の精子は、摂取していない男性の精子と比較して染色体異常が20%程低いことが判明しています。

精子の染色体異常は無精子症、乏精子症の原因になってしまいますし不妊になる恐れもあります。最近はカップル向けの葉酸サプリを販売しているメーカーも増えてきたので一緒に葉酸を摂るようにしましょう。

葉酸以外に男女に効果がある妊活成分とは

マカ

マカは精力剤にも使用される成分で精力アップなど男性の妊活をサポートしてくれる効果があることは知られています。ですがそれだけではなく女性の妊活にも効果があると言えます。

マカはホルモンバランスを整える働きがあるので生理不順の改善、生理痛の緩和、妊娠しやすい体を目指すことができると言えます。他にも多くのアミノ酸類を含んでいるので卵巣機能を高めてくれます。また血行促進作用により冷え性の改善効果が期待できます。冷えは不妊の原因となるのでしっかりと改善することをお勧めします。

亜鉛

亜鉛はセックスミネラルと言われる栄養素で精子の原料となります。また女性の妊活に対しても有効で、亜鉛にはホルモンバランスを整える作用、卵子のアンチエイジング効果、卵胞を育てて子宮内膜を分厚くする効果が期待できます。あとは亜鉛を摂取することにより生理不順の改善が目指せるので妊活の際に男女共に摂取して欲しい栄養素と言えます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る