このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 続けるほうがお得?つわり中に葉酸サプリを飲みやすくする方法4選

続けるほうがお得?つわり中に葉酸サプリを飲みやすくする方法4選

154view

2018.01.20

つわり中は葉酸サプリをやめたほうがいいの?

つわり中でも葉酸サプリは必要

葉酸は妊活中や妊娠中、そして産後という長い期間で役立ってくれる栄養素です。厚生労働省も葉酸の効果を認めていて、妊娠前から妊娠初期(3か月ごろ)までは1日400μgの摂取を推量しています。つわりは大体妊娠5週目あたりに始まるのでこの期間内に入っています。サプリなら食事より効率的に栄養素を摂れますし、工夫をすればつわり中でも毎日飲むことができますよ。

期待できる葉酸の効果

葉酸はお腹の赤ちゃんの成長を手助けしてくれる頼もしい栄養素です。妊娠中は細胞分裂が活発に行われますが、その材料として葉酸は欠かせませんし、子宮内膜を丈夫にして受精卵をしっかり守ったり、血流を促進し赤ちゃんの成長を支ます。赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症するリスクを減らしたり、先天性異常が原因の流産を予防するなど様々な効果が期待できますよ。

つわりは妊娠中期まで

つわりは妊娠12~16週目あたりで自然に治まります。出産するまで葉酸サプリが飲めない、まともにご飯が食べられないということはないので安心してください。妊娠初期を過ぎたら葉酸サプリは必要ないと思うかもしれませんが、葉酸は出産後まで続けることが推奨されています。

産後のダメージを受けた子宮の回復や美容効果、抜け毛の予防、そして赤ちゃんを育てる母乳作りなど、葉酸は産後も様々なサポートをしてくれる優秀な存在です。出産後は1日340μgの摂取が目安になります。

つわりで葉酸サプリが飲みづらい時の対処法

タブレットの大きさや形をチェック

タブレットタイプの葉酸サプリを飲んでいるなら粒の大きさや形を見直しましょう。飲みやすい粒の大きさは1cm以内、小さければ小さいほど抵抗なく口にできます。形は楕円形ではなく円形、角があると飲み込む時に引っかかってストレスを感じる人もいます。

また、つわり中は食べ物を口にするのがつらいでしょうから、1回に飲む量が少ないサプリメントを選ぶことも大切です。かみ砕いて食べるタイプのタブレットもあるので丸ごと飲み込むのが難しい人はそちらを試してみてもいいでしょう。

粉末やドリンクタイプに変更

葉酸サプリにはタブレットの他にも粉末タイプやドリンクタイプがあります。タブレットがあわない場合はこれらに変えてみてもいいでしょう。タブレットをやめたら飲めるようになったという人も多いですよ。粉末やドリンクタイプは液状なので飲みやすいというメリットがあります。

つわりで固形物を受けつけないという人に最適ですし、タブレットと比べて栄養の吸収が速いので吐き出してしまっても一部は体内に残ります。ただし、粉末やドリンクタイプは妊活や出産向けではなく健康や美容を目的にした商品なので葉酸の含有量はタブレットよりは少ないですし、値段も高くなります。種類によってそれぞれメリットとデメリットがあるのでいろいろ試して自分に合ったものを使うようにしましょう。

水ではなくお湯と一緒に

葉酸サプリを飲む時は水ではなくお湯と一緒に飲んでください。冷たい水は飲むとスッキリするというイメージがありますが、体が冷えますし胃に刺激を与えてしまうので妊娠中はおすすめできません。粉末サプリを水で溶かす時も常温に戻したものを使うようにしましょう。「冷えは万病のもと」という言葉もあるので体調の悪い時はリスクは避けておきましょう。

空腹時に飲むのはNG

空腹時は胃に負担がかかりやすくて、つわりが悪化しやすいので葉酸サプリは飲まないようにしましょう。安全なタイミングは食後30分以内ですが、無理にそこに合わせなくても大丈夫です。葉酸サプリは薬ではないので飲み方の厳しいルールはありません。飲むことがストレスになっても困るので、体調が一番いい時間や好きなタイミングで気軽に摂取することをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る